血圧を下げるサプリの口コミランキング【最新】

血圧を下げるならサプリがおすすめ!

 

最低血圧の下げ方とかある?

 

心臓は規則的に拡大したり収縮したりすることで血液を送り出しています。その動きと血圧の値が関連しているという事実は、いまでは一般的な知識として知られているかと思います。ここで、収縮した心臓が拡大する瞬間、つまり心臓が血液を取りこむ際の値のことを、最低血圧と言います。

 

さらに具体的に言うと、ギュッと収縮しようとする力が、フッと緩んだ状態のときの血圧を最低血圧と言います。正常値は、最高で130mmHg以下、最低でも85mmHg以下が目安となります。反対に、最高が140mmHg以上、最低が90mmHg以上となった場合には危険な状態にあると考えた方が良いでしょう。

 

血圧を正常値にするとき、多くの方は上の値に意識を傾けてしまうようです。しかし、実際に注意すべきは最低血圧です。というのも、最低血圧が基準値を大幅に上回る原因の多くが、隠れ疾患にあると言われているからです。

 

もしも病気が原因だった場合、高血圧を治すためにはその治癒を行うことが大切になります。そのため、高血圧になった方はその原因を明確にする意味でも、まずは医師に相談し、どのような処置が必要なのかということを調べましょう。

 

しかしながら、隠れ疾患である場合には医師への相談を怠ってしまう方も多く、このことから、下の血圧を下げることが難しいというように認識されているようです。それでも、適切な処置を行うことが高血圧改善の近道です。治癒に時間がかかることを理解した上で、根気よく治療に臨むようにしましょう。

 

また、下の値が高い場合には生活習慣を見直すことだけで改善することは難しく、医師の診察を受けることが、高血圧解消の第一歩となります。降圧剤の投与がすぐに必要となる場合も考えられるため、まずは医師への相談をするようにし、自分ひとりで背負いこまないようにすることが大切です。

 

塩分の量と血圧の関係

 

塩分の中にはナトリウムが含まれており、それが高血圧を引き起こすひとつの要因となっています。そのため、減塩することは高血圧の改善を形にする上では必要不可欠になります。塩分の理想的な一日の摂取量は、6グラム以下です。

 

しかしながら、日本人はその倍である12グラムを、一日の中で摂取しているそうです。つまり、現在における摂取量の半分以下に抑える必要があるということです。では具体的に、どの料理にどれだけの塩分が含まれているのかということを、参考までにご紹介していきます。

 

まず、ラーメン。こちらは一杯で4グラムほどの塩分が含まれています。続いて、梅干しです。こちらは大きさの割に多く、ひとつに2グラムもの塩分が含まれています。つまり一日に3つ食べてしまうとそれだけで基準摂取量に到達してしまうということになります。

 

このことから、塩分の摂取量を6グラム以下に抑えることの難しさが伺えるかと思います。しかしそれでも、この実行こそが血圧の改善を行う上で非常に重要となってきます。まずは10グラム、次に8グラム、というように、少しずつ摂取量を減らしていくといった工夫をし、6グラムを目指してみましょう。

 

日本人に馴染み深い和食ですが、健康食だと言われる一方で、実は塩分を多く含んでいる料理なのです。味噌汁や漬物がそうです。味からしても、塩分がどれだけ含まれているのか気になるところかと思います。

 

しかし、それでもこれらのものを食べないというのは中々大変なことかと思います。なので、味噌汁は具だけを食べるようにしたり、漬物は食べる前に一度洗ってみたりするということを行ってみてください。ずっと続けていくことは難しいかもしれません。しかし、薄味が当たり前の食事になれば、塩分の摂取量改善に繋がるはずです。

 

また、味噌汁のみならずラーメンやうどんなどのスープも飲まないようにしましょう。スープには味付けがされているため、塩分がより多く含まれているのです。しかし反対に、塩分がたくさん入っているのに味に塩っぽさが無い食べ物もあります。血圧を下げたいという方は、そういうものもあるということをよく知った上で、食事を選ぶようにしましょう。

更新履歴